新兴的上海话,指“又痴又烦又搞的女孩”(上海话花痴)(上海话花痴怎么说)

上海话里捉弄令人出丑的意思,程度上较“恶作剧”稍轻。明知娱记的镜头对着自己,还要在竞争对手力捧新星的演唱会上“公然”打瞌睡,如果是故意为之,则属于“弄松”对方。“弄松”未必有多大的杀伤力,用北方话说,最多给对方“添个堵”。 新兴的上海话,指“又痴又烦又搞的女孩”。本事件中最起劲的是“凉粉”,如果人家李宇春的领导真的因为生理原因而在张靓影的演唱会上睡着的――如此,“凉粉”们还要纠缠不休,搞劲十足,那基本上就属于“粢饭糕”了。 从英语worse演变而来,意思即worse的原意:更糟糕更恶劣。现在对“挖塞”的通常理解是:心情郁闷愤懑郁结于胸而不得舒缓。 WORSE,更糟的,更恶劣的,被引申为专门形容心情的难受和恶劣。 例句:从被胡戈“弄松”开始,陈凯歌这一年的心情,用“挖塞”形容,再贴切不过。 被人恶搞,最高境界是宽容+自嘲,最大程度地消解恶搞对自身社会评价的降低。面对恶搞,企图用“正搞”对抗,最后的结果就是“坍招势”―――丢面子下不了台。 “坍招势”原意是“退juice”,juice即英文“油水钱财”之意,原指流氓退还敲诈来的油水,后在沪语中引申为“丢面子”。 上海话“比较不堪”的意思,语意近似北方话“咳,这件事整的,可真有点那个……”里边的“那个”―――用上海话表达就是:“××,格桩事体真额有点刮三喏。” 例句:原以为粉丝都是发自肺腑崇拜“教主”的性情中人,哪知道居然混了这么多雇佣粉丝,刮三,邪气刮三,勿要特刮三噢。 实力不逮,但硬要做出一副无所不能的样子,谓之“豁胖”,比普通话里“打肿脸充胖子”的同义更浓缩传神。某年春晚里郭冬临扮演的那个好面子的北方汉子,就是“豁胖”的经典版。 例句:明明魅力实力没到那个份上,拼命组织庞大的“粉丝团”,不惜以雇佣粉丝注水―――这样的明星,就是在“豁胖”。 Outman也,out和in的意思相对,“奥特曼”即新上海话中“落伍之人”之意。近年日渐式微的金鸡百花奖,就是这么一位“奥特曼”。“奥特曼”的命门并不在于out,而是他从来不向往in,抑或所有人都认为他很out,但偏偏他一直以为自己很in。 把一个电影人的节日办成这副腔调,应该给他一个“头挞”尝尝。上海话中用手心的前半部分快速但轻微地拍击一个人的后脑勺,即谓之“请伊吃一记头挞”。请别人吃“头挞”在更多时候是虚指,带有浓重的警示作用。比“头挞”程度更甚的,就是“吃生活”了。

上海語で頭の中がはっきりしない愚かなことをする人への叱責語。例:ノンガー個人、どうして体格が神の胡之をすることができますか!「神の胡の」者は時には愚かではなく、天と地の厚さを知らず、天下の大不韪を冒しても独りよがりで、例えばこの真は自分を「万里の長城を築く」始皇帝の主だと思っている。 新上海語で借りた金や物を返さない者の戯称。唐:音同「宕」、伯虎:「払わない」の語呂合わせ。 例文:花の詭弁はもう十分だが、消費者には「魂の奥底に触れた」謝罪の借りがある。だから、花は「唐伯虎」です。 この2つの比較的伝統的な上海語の意味は似ており、いずれも「ふざけて挑発する」という意味があるが、じっくりと味わうには少し違いがあり、その中の些細なものは長期的に上海語に浸漬してこそ体得できる。 男の気持ちが悪くなると、女の人はもともと「こする」準備をしていたが、その後「彪」になった。 威勢がいい。北京語のようなドザー。 引用しても神さまがくどくど言って、頼りにならないという意味がある 物事に手を焼く、吐き気がする、やりにくい、扱いにくいということです。あるいは誰かが他人を不快にさせ、付き合いにくいなど。本当に何かを見て吐き気がするのではありません。 使用方法: この事はたいへん不格好である この人はとても醜い 最もよく言われるのは「個記汚三」だ。 人がけちで、言葉は「砂場」、この人は「穴」と呼ばれていることを形容します。 もしこの人が本当にけちだとしたら、彼は「金剛沙」、つまり「砂場」の中の絶品だ。 旧上海の故事の本を読んで、「おさげを上げる」という言葉の由来に言及したのは、旧上海の電車と関係があるということだ。旧上海の道路を走る電車の多くは路面電車で、下にはレールがあり、上には電線があり、走行の動力はすべて電車の頭の上のお下げにかかっていた。この電車は新上海で長い間残っていた。電車が脱線することはあまりありませんが、電車の頭のお下げが外れることはよくあります。車が走っている途中、お下げが突然外れて電車が止まったので、車内の上海人乗客は「死ぬぞ、お下げが脱げ」と愚痴をこぼした。「脱落した」とは、電車の上の「お下げ」が反っていること、お下げを反らしていること、つまり死んで脱いでいることだ。 上海呉語音声と「上海呉語ラテン式注音法」 「上海呉語ラテン式注音法」はネットユーザーに「法呉」と呼ばれる習慣がある。 この方案の使用権は社会全体に開放されており、関連声明は「上海呉語マニュアル」を参照してください。 この方案はラテン諸言語のスペルと国際習慣の上に構築されている。呉語の特徴のため、呉語のピンインには3つの特徴がある:1、母音の組み合わせは単音を表して、2、-nは鼻化を表して、3、清音は符号をつけないのは気を送らないのです。この3点は、フランス語のスペルの特徴であり、英語でもドイツ語やスペイン語でもあり得ない。実は、ほとんどの呉語のピンインはこの3点を抜け出すことができなくて、たとえ名前だけのイギリス式であっても。「上海呉語ラテン式注音法」は上海人が母国語の優位性を開発し、フランス語の発音をマスターするのにも確かに役立つ。「法呉」はみんなも呼び慣れているし、言い直す必要もない。

 新兴的上海话,指“又痴又烦又搞的女孩”

1.開音節の5大母音a、i、o、u、eはスペイン語イタリア語日本語の音素に相当する。Oは開口ですo。Eは開音節ではフランス語のèである。u正常相当共通語u、フランス語のou、しかしi、y、j、dj、x、ch、gnの後で、iの省略のため、u発音相当フランス語のu、共通語のü 2.e閉音節において、読みはフランス語のアルファベットの唖音eに相当し、en、eq、elに関連する 3.eu//,au/ω/フランス語のeu、auに等しい。/ω/auは/u//o/の間の母音、またはuoを綴じる 4.oeはフランス語ilのoe、ドイツ語goetzのoeに似ている、英語のtoe、hoe、doeのoeにも似ています。しかし実際には偏倚した半高扁唇単元音である 5.üはフランス語のuに相当するが、üの使用が不便で、特にアクセント記号を付けることができないため、代わりにiuを使用する。対応するiuq、iunはそれぞれüq、ünに等しい。y、dj、j、ch、x、gnの後にiを省略することができる 6.-yはs、zの後ろに出てくるだけで、共通語のsi、日本語のsuで、ポーランド語のyに似ていて、発音しないことにすることができます。これも当時の国語ローマ字の使い方です 7.e閉じた音節の中で同じフランス語の唖音e//を読む、例えば:enはeの鼻化音、eqはeの短音、elはe/にlを加える 1.b、d、g、dj、dz、z、v、m、n、l、s、f読みは英語フランス語類のスペルと一致し、gはいつも硬音を出し、sはzを出さない。 3.h英語ドイツ語のhと発音する。h清音の後ろには送気、ph、th、kh、chを表し、chは英語のtであることに注意してください。非塞音性の濁音の後に清化を示し、lh、nh、mh、vh、zh 4.rはh対応濁音であり、フランス語とドイツ語の小舌濁擦音r/R/ 5.gnはフランス語イタリア語のgnに等しく、その清化音のスペルはknである 6.tzは気音tzを送らないことを表し、これは国語ローマ字を用いた用法である 7.xはポルトガル語バスク語共通語のxに等しい 8.w、yはすべて濁音で、対応する清音声母はi、uである 9.j 。しかし、jは非再読音節のうち、前の音節の声母がJまたはXである場合、しばしば、しかし常にではなく、ドイツ語のj/j/英仏語のyになる。例えば:ありがとうjaja、2番目のリピート音は時々yaになります 1.nはフランス語と同様に鼻化母音を表す。例えば、an、onはフランス語のanに等しく、onは共通語のang、ongのようだが、in、enは共通語in、ingとen、eng間の音素であり、iunはünのようなものである 2.-q喉頭音k、アラビア語ヘブライ語モンゴル語に近い-q、ただ韻母の後には、短音を付しているとも考えられる。Aq、eq、oq、iq、iuqに関連して、それぞれフランス語a、e、o、i、uの短音で、その中でeはアルファベットeに等しくて、éあるいはèではありません 3.-l、elの1種類の形式だけあって、共通語のerのようです

上海话名义上有六个或五个调,实际上只有两个对立声调。因为声调取决于声母和韵母。只是在韵母不是短音的时候,可以有平声和去声两种可能,入声则必须是短音韵母。所以,只是对去声标调,可以在后一个元音上标上法语的长音符号^表示。 由于现代上海话,声调作用有限,联拼时候只需标出重读音节,用西班牙语重音符号′,表示去声以外的声调;非重读音节可以不标调。 吴语拼音的拓展 “法吴”《上海吴语拉丁式注音法》,也为其它吴方言注音实实在在留有拓展空间,并非只是自称“兼容”。 zh/ z/表示清化和通音化的/z/,适用于杭州衢州等地的方言。 tz, ts, dz, s, z后加r可以表示苏州书县的类似普通话翘舌音的声母。 ou/ш/表示类似普通话的ou双元音,苏州和苏南等地的“我”的韵母,该组韵母在上海话中读u,相当法语ou读/u/ ei/e/ai/ε/,ae//可以表示不同开口程度的前扁唇元音,适用苏州话等。 -y,可以细分为-yi和-yu,适用于苏南地区的“诗syi”“书syu”对立 eun//,用于绍兴等地的“干keun”的韵母 声调上,对于上海以外,上去声分流的方言,后一元音字母上加ˉ或加h表示上声,加^或加r表示去声。可以满足四声八调的所有吴方言。至于,有一些方言点,阴上声根据声母松气与否,有调形不同者,可以合用一个调号等等。 内部分歧 上海话内部有分歧,主要以年龄区别老派中派和新派。 老派:声母27个,韵母51个,声调6个 中派:声母28个,韵母43个,声调5个 新派:声母28个,韵母32个,声调5个 “声调向重音化倾向进化。上海话的声调从8个合并成5个,实际上只余下一个降调和一个平升调,变得十分简单。这使得上海人读声调时,自由变体可以相当宽泛,如降调读成‘53’‘51’‘552’都不影响听感,平升调读成平降升调也不会影响理解。语音随着词汇语法词双音节连调成为主流以后,上海话在吴语中最快进化到“延伸式”连调,后字都失去了独立的声调而弱化粘着,重又向屈折语变化。前字有声调音位的作用,除此以外,只有一高一低或一低一高,上海话语流中的语音词读音已像日语的读法。 目前,上海话语的语流中,相对稳定的音位有两类,一类是声母,一类是前字声调,这两类为首的音位对上海话语音正起着重要的稳定作用。”。上海话曾被认为是最有影响及有代表性的吴语方言之一,由于人口融合带来的快速蜕变,已经越来越失去吴语的代表性及特性。 所以说上海话已成为一种“有调无声”的有音高重音的独特汉语方言。


1g

发表评论

Copyright 2002-2022 by 北京晨峰机电网(琼ICP备2022001899号-3).All Rights Reserved.