不知道有没有人怀念周杰伦,李健,谢霆锋,庾澄庆的那个夏天(周杰伦,李健,谢霆锋,庾澄庆的音乐节目)

梁静茹の今回の加入は、良い声の歴史的女性指導者陣を大きく前進させ、大きな積極的な役割を果たしたと言わざるを得ない。もちろん、この長寿は長青を代表するものではありませんが、実際には、デビュー即ピークの『いい声』は第1期で素人音バラエティー番組の天井として一般的に評価された後、口コミは年々下落し、『いい声2018』がやや盛り返したほか、ここ数年の番組は基本的に「昨年よりも見苦しい」という哀れみにさいなまれています。楽総合の絶対的な品質だけを言えば、おそらく『私は歌手です』をはじめとするより純粋な音楽パフォーマンスを売りにしている楽総合の多くは、『いい音』から長い距離を置いているのではないでしょうか。私の周りで最も忠実な良い声の視聴者は、バラエティ番組に興味がないのに、毎週テレビの前に座っているお母さんです。彼女は番組に台本の内定があるかどうか、指導者の演技が下手で気まずいかどうかも気にしないが、2022年に初放送されると、彼女も思わずツッコミを入れて、以前は聞いていなかった。彼女がいい声の前で見た前の音楽番組、「同じ歌」というのを覚えている人がいるかどうか分からない。生活の中での観察、いくつかの良い音の中年観客の人々のフィードバックから見ると、彼らが良い音を鑑賞する核心的な理由は、実は「素人」、つまり若くて、無名で、音楽の夢を抱いている選手が有名な歌手の前で演技するこのシーンである。第一に、彼らは若者の歌を見るのが好きで、新人が古い歌の再演に盲目の箱を開けたような感じがするのを見るのが好きで、これは歌手が古い調子を繰り返してはあげられないことを聞くのです。第二に、彼らは「ターン」というコーナーに握られて死にそうになり、いつの間にか自分をメンターの役に代入し、自然と自分の意見を生み出し、それからメンターの実際の選択と衝突し、視聴者と番組の心理的なやり取りを形成している。中年の視聴者は良い声のコアな視聴者グループであり、素人+ターンは良い声のコアコンテンツである。しかし、良い声2022を見ると、「素人」は定型的な身分の学生グループになりつつあり、彼らはネット人気歌手が主流のバラエティ番組の試水に来ているのかもしれないし、ある芸術大学の合格生が大学前の夏休みを楽しんでいるのかもしれないが、いずれにしても、この素人の含金量はますます低くなっている。

[新闻首页]

「ターン」というコーナーは、学生の実力と演技の質が追いつかない前提の下で、接待のような気まずい演技になった。メンターは、良い声の絶対的な主役として、番組をドラマチックにするのが本業だ。ただ、番組は歌手で俳優ではなく、脚本に力を入れてついてきたが、音楽に対する嗅覚には自然についてこなかったことを忘れてしまったかもしれない。学生は歌が千編一律で、指導者は演じるほどにっちもさっちもいかなくなり、華は少なくなり、語速も遅くなり、いわゆる「青春指導者」の場外観客ストラップを2つ整えた。第1話から見ると、「いい声2022」の基調はあまり喜ばれない。長年芝居の方向に努力してきた音楽バラエティ番組として、本来は港楽を炒める風潮に従って指導者の皆さんに音楽分野で指導的な意見を提供しながら、演技技術をゼロ距離で学ぶことはウィンウィンのことであり、残念ながら最大のギャグである劉徳華は現場に出ることさえできず、ため息をつく。

不知道有没有人怀念周杰伦,李健,谢霆锋,庾澄庆的那个夏天(周杰伦,李健,谢霆锋,庾澄庆的音乐节目) 热门话题

不知道有没有人怀念周杰伦,李健,谢霆锋,庾澄庆的那个夏天。 或者再往前,有没有人怀念2012那个真草根素人充斥舞台,身怀各自武功,导师对戏毫不尴尬,造梗自然又高产的好声音。


发表评论

Copyright 2002-2022 by 北京晨峰机电网(琼ICP备2022001899号-3).All Rights Reserved.